スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
文庫
201101162006000.jpg
今年初の文庫購入。


『ダイイング・アイ』東野圭吾

『虐殺器官』伊藤計劃


本は買わずに、図書館で。

・・・と年初に自分に指令したんだけど。。
深夜営業な図書館だったらな。。
- / - / trackbacks(0)
古傷
彼に借りた、おすすめ小説に
こんなに反応するなんて。

悔しい。


良かったでしょ、
と聞かれても素直に良いとは言えない。


きれいすぎる。

・・・小説だからね。


悔しい。

しかも、私は複雑な心境で読んだし、良いとは言えないかも

なんて、言ってはいけない気がして。


悔しい。


だって、
すごく好きできっと愛かもと思うくらい優しい空気があって
この人しかいないと思ってしかも彼からも想いを感じられて
あんなに近付けてやっぱりこの人なんだと、

思ったのに。


そんな人が手に入らずに離れるって
ほんとにつらいよ。
ただ寂しいとかつらいだけじゃない、
もっとどろどろした重たいどうしようもないものが
自分の中に巣食って耐えられないくらいに。
先が見えなくて後ろもなくてどうにもできないくらいに。


25年も経てば、きれいに思い出せるようになるというの。



・・・まだまだ、癒せてないのかな。。
- / - / trackbacks(0)
今は、今だけ。
今日、彼に会いに行く準備をしていて、思った。

こうやって、一週間に一回、1ヶ月に何回、
会って。
会わない時間があって。

・・・っていう時は、今だけなんだ。


会えない日があって、
会いに行く時は、何着よう、アクセは、靴は、
なんていろいろ試したり。

そのうち
ずっと一緒にいる時がきて、
そしたら、
そんな時間に代わって違う時間ができるわけで。


今、この時を大切に味わおう、と。
- / - / trackbacks(0)
排出〜!
アップダウンが激しいな。
一喜一憂。


ちょっと連絡ないだけで、不安になる。考える考える。

一週間ない、なんて本当にムリだよ。。
ま、意図的な不連絡だったからよかったけど。


好きだけど信用はしてない、まだ。
不安ではないけど安心感は少ない。


私にとって、安心感はとても大事。


あと、
少しでも、あれ?って引っ掛かることがあったら、
ちゃんと聞いてみる。

信じてる信じてないの問題じゃない。


今、起こることにきちんと対処すること。



それにしても、
もっと自分出したい。
強くないと、彼とはやっていけない気がする。

私は十分強いから、
それをただ、出していきたい。

なんていうんだろ、
対等、かな。
お互いのエネルギーを出しあっていく。感じ。
どっちかが相手からもらうのでなくて。


しかし、ね。
私のホルモンさんなかなかやるよ。
毎月そのタイミングで、1日ものすっごい泣く日がある。
泣くだけ泣くと、すっきりするから、いいのだけどね。
- / - / trackbacks(0)
どうなの。
先日彼に会ってから、
何かがすとん、と
収まった感があり。


さらにさらに、
彼からも、私からも
メールなし期間すでに5日目。


いやぁ、危険よ、これ。
それでまあ、いいか、と何とも思ってない私。
彼はどうだかわからんが。
会うのも、泊まるとか諸々、
別になくてもいいやくらいの。


やばいっしょ。


あ、さすがに付き合って2週間で、
って思うと、やばい。


・・・でもめんどい。


連絡くれない人は合わないなあ。
忘れちゃうもの。


合わないなら早いとこ決断したほうがお互いのためだしね。


うん。


念頭に置いておこ。


めんどいことは、脇によけといて、
ベボベライブ!だ♪
- / - / trackbacks(0)
いいんです。
友達に、
仲間に、
恋人、


こんなにたくさんの
素晴らしいものを
手に入れてしまって
いいんでしょうか。



いいんですよ。

感謝とともに受け取ります。


ありがとう。
- / - / trackbacks(0)
破る。
やっぱりはっきりさせてくれたのは、よかったみたい。

で、

次は、
私、もっとラクにしてたい。

緊張とか、
恥ずかしいとか。


・・・ああぁぁぁ。
窮屈!


もっとのびのびしてたい。
- / - / trackbacks(0)
自立
彼氏、なんて3年ぶりですよ。
なんか。。

このふよふよした不安定さが、
なんだかな。


今までになく
男性性が強くて
自立した人のようで、

今まで
共依存なことばかりだった私には
まだ戸惑うのです。


しかし、
最初はもっと軽いノリの
あまり深く考えてない人
かと思ってたのだけど。

真面目なヒトのようです。


助けはいらないみたいで、
でも今まで相手に交わるように関わっていたから
何をしたらいいんだ?!
って、途方に暮れ気味。

が、
たぶん、
私は私を大事にして
毎日健やかに楽しく幸せに
過ごしていることが
私のすべきことだ、と、
降ってきたよ。


自立、かぁ。

できるから、そんなことが
やってきてるのよね。
- / - / trackbacks(0)
よくぞここまで。
彼が“軽く”腰を悪くした、
とメールしてきたので、
何をして?などなど、
状況を聞く返信をしつつ。

私にできることはなんだろうと、
すぐ会いに行くとか電話かける
なんていう選択肢がない自分に落胆しつつ。


いつものように。
エネルギー送ってヒーリング、
を始めてみた。

「彼が受け入れてくれるなら、受け取ってもらえる」よう祈り。
「この行為が可か不可か、わかるように教えて」と祈り。


そしたら、
途中で邪魔が入り。

不可だと感じ、
さらに、
「エネルギーではなく、直接の触れ合いを求められているのだ」
と、受け取った。


わかったよ。



ここのところ、
これからの人生の方向性を決めて設定する
そんな時期と感じていたけど。
考えるまでもなく。
どうしていくか、
どこに向かうか、
それが自ずと示される。


もちろん、
私が心底望んでいたこと、だ。



それにしても。
“軽く”じゃないじゃんね。。
やっぱり仕事行けず休んでるし。。

そういうこと、
リアルタイムで知ることができないことが、
悔しいよ。
- / - / trackbacks(0)
懸念
腰痛めたって。。

いきなり、そうきますか。

常々、
恋人と夫婦の違い、
家族とそうでないことの違いは、
相手がケガや病気になった時に
連絡をすぐもらえるか。
状況がちゃんとわかるか。
当たり前に関われるか。


だと、思っていた。



今回は
どこまで突っ込んでいいか、
どこまで関わっていいか、
わからん!



できることはしたいし、
してほしいことがあるなら、それをしたい。


歯痒い。。
- / - / trackbacks(0)